Google+ Followers

2011年2月19日土曜日

Christophe Willem (クリストフ・ウィレム)

皆さん、こんにちは!

お天気が不安定ですが、体調の方は大丈夫でしょうか?
私は、この間、突然の悪寒に襲われましたが、一日中薬を飲んで寝込んだら、次の日にはだいぶ回復しました(ご迷惑おかけ致しました皆様、申し訳ございませんでした)!

さて最近、日本のテレビ界で良く目にする(耳にする)オネエキャラですが、フランスにもやはりオネエキャラは存在します。
ですが、日本のオネエキャラほど見た目は女性らしくしておらず、見ただけではわからない、容姿も話し方も一般的な男性が多いのは気のせいではないはずです。
きっとドラッグクィーン(女装家)のフランス人もそれなりにいるのでしょうが、テレビではあまり目にしませんし、日常において見かけるのは稀です。
ただし、女装をして男性を誘うお仕事をされてる方が多い一部地区を除いては、ですが。
しかし、同性愛者の人権が守られて、快適に暮らせるこの国では、オネエキャラ(!?)が日本以上に多いのもうなずけます。

そんな中、私のお気に入りのオネエキャラ(!?)スター、Christophe Willemをご紹介します。



彼は、2006年のフランスの番組「Nouvelle Star(ヌーベルスター)」(日本でいう"スター誕生的"な番組ですね)で、選ばれました。
抜群のリズム感と透き通る様な声で、たくさんのファンを魅了します。
オネエキャラにしても独特な世界観があって正にフランス音楽界を代表するアーティストの一人と言っても過言ではないでしょう!
女性でもなかなか出せないような高音なので、目をつぶって彼の歌だけ聞くと女性ボーカリストと間違えてしまうかもしれないですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿