Google+ Followers

2015年1月27日火曜日

フランス映画 「バベルの学校」

みなさん、こんにちは。みさです。

今月31日公開のフランスドキュメンタリー映画「バベルの学校」をご紹介します。

アイルランド、セネガル、ブラジル、モロッコ、中国...。
11歳から15歳の子どもたちが世界中からフランスのパリにある中学校にやって来た。24名の 生徒、24の国籍、そして24のストーリー。家庭的な事情でやってきたもの、辛い母国の生活から逃れてきたもの、亡命を求めてやってきたもの、または単に よりよい生活を求めて移民して来たものなど理由は様々。
フランスに来たばかりの彼らが入ったのは適用クラス。このクラスでフランス語を学び、話せるようになるための集中トレーニングを受け、やがては通常のクラ スに移るために、他の教科も学んでいく。国籍も宗教もフランスに来た理由も違う子どもたちの中には時に大声で口論し、泣き、自暴自棄になる子も。ブリジッ ト・セルヴォニ先生は、そんな子どもたちを驚くほどの辛抱強さで見守り、なだめ、そして導いていく。
国籍も宗教も家庭のバックグラウンドも違う十代の生徒たちが、異国の地フランスで、言葉もままならないなか葛藤を抱えて新生活を初め、時にぶつかりながらも様々な壁を乗り越えて友情を育んでいく。そんな彼らの姿は私たちに未来への希望を見せてくれる。

詳しくはこちらをご覧ください。
 http://unitedpeople.jp/babel/


0 件のコメント:

コメントを投稿