Google+ Followers

2013年12月7日土曜日

3ème Partie : Le créole Louisianais (第三部 : ルイジアナクレオール)

皆さん、こんにちは!
今回もまた、ルイジアナクレオールについてコリンダが記事を書いてくれましたフランス語とルイジアナがこんなにも似ているなんて・・・と言いますか、ルイジアナという言葉があると言うこと自体を今まで知らなかったです。
新しい発見がいっぱいです!!

Si vous allez en Louisiane, peut-être, un soir, au detour d’une petit rue oubliée du quartier de la Nouvelle Orleans, quelque part au comptoir d’un petit bar vous entendrez une chanson de blues dont les paroles ressembleront beaucoup au français sans en être tout à fait.
もし、皆さんがルイジアナ州に行ったら、きっとある晩、ニューオリンズのある地区のある小さな忘れられた道の曲がり角で、どこかの小さなバーのカウンターで、フランス語に良く似た、だけれども違うとわかる歌詞のブルースを聞くかと思います。
C’est parce que vous serez en train d’écouter un morceau de zaryco, chanté en Louisianais.
そうだとすると、皆さんは、ルイジア語で歌われているザリコの一曲を聴いているからです。



Le Lousianais, (Gombo French en anglais) ou Kréyol La Lwizyàn en Louisianais, est une langue créole à racine française. C’est un dialecte qui est apparu au XVIIIeme siecle avec l’arrivée des premiers esclaves africains en Louisiane (alors française).
ルイジアナ語(英語でガンボ・フレンチ)または、ルイジアナ語でクレイヨル・ラ・ルイズィアンは、フランス語が語源のクレオール言語の一つです。

*
Le Louisianais a un vocabulaire proche du français meme s’il a subi les influences des différentes nationalités qui se cotoyaient en Louisiane.

* ルイジアナ語には、ルイジアナで交わる違った国籍の影響を受けたとしても、フランス語に近いボキャブラリーがあります。
Français
Lousianais
日本語
Bonjour [ɓɔ̃ʒuʁ]
Bonjou [ɓɔ̃ʒu]
こんにちは
Bonsoir [ɓɔ̃swaʁ]
Bonswa [ɓɔ̃swa]
今晩は
Bonne nuit [bɔn.nwi]
Bonnwi [bɔnnwi]
おやすみなさい
Chat [ʃa]
Chatte [ʃat]
Chien [ʃjɛ̃]
Chien [ʃjɛ̃]
Jamais [ʒamɛ]
Jamais [ʒamɛ]
決して
Toujours [tuʒuʁ]
Toujou [tuʒu]
いつも
Comment tu vas ? [komɑ̃.ty.va]
Konmen to yê?
[kɔnmɑ̃.to.jɛ]
元気ですか?
ca va merci. [sa.va.mɛʁsi]
Çé bon, mèsi. [se.ɓɔ̃.mɛsi]
元気です、ありがとう。
Je t’aime [ʒœ.tɛm]
Mo laimm twa [mo.lɛm.twa]
愛してる

* La grammaire est; elle, assez différente du français :
Par exemple, en Louisianais les noms n’ont pas de genre,  comme en japonais !
Les verbes en Kreyol La Lwizyan ne varient pas selon le temps ou selon le nombre de personne. On indique le temps seulement avec des particules ou on le devine selon le contexte.
* 文法は、フランス語とかなり違います :
例えば、ルイジアナ語で名前は日本語同様、様式を持っていません!
クレオール・ラ・ルイジアンでの動詞は、時制や人数などによって変わったりはしません。時制は小辞や文脈による推察だけで示します。

“Mo swaf” (j’ai soif) 
私は、喉が渇いています。

“li fe cho” (il fait chaud)
暑いです。

“Demen, li fe chaud” (Il fera chaud demain)
明日は暑くなるでしょう。

“-Vou pele Paul ?  (Vous vous appelez Paul?)
-Mo pele Paul.”  (Je m’appelle Paul)
あなたの名前はポールですか?- 私の名前はポールです。

“Jamais di : Fontaine, mo va jamais boi to dolo.”
(Ne dis jamais : Fontaine, je ne boirai pas de ton eau.)
{確かではないので、言ってはいけない}と言う表現 : 泉よ、私はあなたの水を決して飲みません。

Aujourd’hui, le Louisianais a été un peu oublié au profit de l’anglais.
Mais la littérature créole aura eu le temps de produire des livres de poésies et de contes folkloriques et elle est d’ailleurs la première littérature afro-américaine à s’être développer aux états-unis.
Et le français et louisinais ont même leur propre musique : le fameux Zarico.
現在、ルイジアナ語は、英語の利用により少し忘れられてしまいました。
しかし、クレオール文学には、詩集や民話が創られてきた時間があり、しかもアメリカで展開して行ったアフロ・アメリカンの最初の文学です。
そして、フランス語とルイジアナ語には同じ固有の音楽もあります: ル・ファム・ザリコ。http://www.youtube.com/watch?v=hw02Oz8fZkM


こちらの記事がお気に召しましたら 
クリックをお願いします♪
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ

0 件のコメント:

コメントを投稿