Google+ Followers

2010年11月6日土曜日

exposition de Monet モネとジヴェルニーの画家たち


こんにちは。えりこです。

今日は展覧会のお知らせです。

12月7日から2月17日まで渋谷bunkamura ザ・ミュージアムで
「モネとジヴェルニーの画家たち」が開催されます。

モネといえば、『睡蓮』の連作が有名ですよね。
睡蓮はles nymphéas (ナンフェア)と言います。

その睡蓮の連作が生まれたジヴェルニー(フランス・ノルマンディー地方。ルーアンの近く)
にモネが移り住んだのが
1883年モネが42歳の時でした。
近隣の風景を描きモネは名声を得てゆきました。

その後、モネのおかげでジヴェルニーには芸術家たちが訪れたり
移り住み制作活動をするようになりました。

その中でもアメリカ人の画家が多かったそうです。
今回の展覧会ではモネの作品はもちろん、アメリカ人画家の作品、
そしてモネの義理の娘であるブランシュの作品も見れると言うことです。

ご興味のある方はこちら

2 件のコメント:

  1. J'adore les oeuvres de Monet! 周りの人は「あぁ、モネかぁ。。。」と言いますが、好きで何が悪い!と私は思います。
    ゴッホも見に行かないと。。。と思っているので、忙しい今日この頃です。

    返信削除
  2. えりさんコメントありがとうございます!
    モネいいですよね!!そしてゴッホも。
    いいものはいい!って思います。

    えりこ

    返信削除