Google+ Followers

2012年9月15日土曜日

La Rose de Versailles ベルサイユのばら (Partie 1 : パート1)

Bonjour, c'est Bertrand!
こんにちは、ベルトランです!
A l'occasion de l'exposition commémorative des 40 ans du manga "La Rose de Versailles" au grand magasin Matsuya à Ginza du 13 au 24 Septembre, je voudrais parler un peu de ce manga.
9月13日から24日まで銀座松屋で開かれる"ベルサイユのバラ"の漫画40周年記念を機に、この漫画について少し話したいと思います。
ベルサイユのばら est un manga de type shōjo paru pour la première fois au Japon en 1972.
ベルサイユのばらは、1972年に日本で少女漫画として出版されました。


En France, tout le monde connait l’animé japonais ベルサイユのばら sous le nom de «Lady Oscar».
フランスでは、皆、この日本のアニメ、ベルサイユのばらを «レディ・オスカー»という名前で知っています。

L’animé fut diffusé entre le 10 octobre 1979 et le 3 septembre 1980 sur NTV, en 40 épisodes de 25 minutes, inspiré du manga ベルサイユのばら (litteralement «La Rose de Versailles») de Riyoko Ikeda. 
アニメは、1979年10月10日から1980年9月3日の間、25分間の40話で池田理代子のベルサイユのばらの漫画から影響を受け、NTVで放映されました。


Succès en France
フランスでの成功
En France, le manga n’est pas très célèbre mais l’animé lui a connu un grand succès, diffusé et rediffusé a plusieurs reprises en 1986, 1989, 1998, 2004, et 2005.
フランスでは、漫画はそんなに有名ではありませんが、アニメは、1986年、1989年、2004年と2005年に何度も再放送され、ベルサイユのばらを大きな成功へと導きました。
«Lady Oscar» est aussi le titre d’un film franco-japonais réalisé en 1978 par Jacques Demy. Il est l'adaptation au cinéma du manga japonais.
«レディ・オスカー»は、1978年にジャック・ドゥミによって撮られた日仏映画の題名にもなっています。日本の漫画が映画になりました。


Le manga, lui, ne verra sa parution en français qu'en 2002.
漫画が、初めてフランス語で発売されたのは、2002年です。

Synopsis
概要
L'histoire de ベルサイユのばら se passe à la fin du XVIII siècle en France, avant et pendant la Révolution Française. 
ベルサイユのばらの話は、18世紀終わりのフランス革命前と際中のフランスを舞台に起ります。
Oscar est une jeune femme élevée en garçon par un père excédé de n'avoir que des filles. L'éducation militaire d'Oscar lui permet de devenir le capitaine de la garde royale, chargée de la protection de la jeune dauphine Marie-Antoinette.
オスカルは、女の子にしか恵まれなかった父親によって、男の子として育てられた若い女性です。オスカルの軍教育は、王太子妃、マリー・アントワネットを守るという責任を果たす親衛隊員長になるほどでした。

Aux côtés d'Oscar, il y a André, son ami d'enfance, secrètement amoureux d'elle. Ensemble, ils vont affronter les premiers troubles annonçant la Révolution Française.  
オスカル側には、秘かに彼女に想いを寄せる幼馴染のアンドレがいます。彼らは、始めのフランス革命の騒乱に一緒に果敢に立ち向かっていきます。
L’histoire se termine le 14 Juillet 1789, jour de la prise de la Bastille.
お話しは、バスティーユの奪取をした日、1789年7月14日に終わります。
A très bientôt pour la suite....
それでは、また近いうちに続きを・・・


こちらの記事がお気に召しましたら
クリックをお願いします♪
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

0 件のコメント:

コメントを投稿