Google+ Followers

2012年9月19日水曜日

La Rose de Versailles ベルサイユのばら (Partie 2 : パート2)

Bonjour à tous, c’est encore Bertrand!
皆さん、こんにちは!またベルトラン!
Aujourd'hui, continuons notre balade dans le monde du manga et de "La Rose de Versailles"...
今日は、漫画と"ベルサイユのばら"の世界でのお散歩を続けましょう・・・。

Inspirations (Partie 1)
着想 (パート1)
Osamu Tezuka publie entre 1953 et 1958 un manga en trois volumes intitulé リボンの騎士, connu en France sous le nom de «Princesse Saphir».
手塚治虫は、1953年と1958年の間にリボンの騎士、フランスでは«プリンセス・サファイア»と言う名前で知られている漫画を3巻出版しました。


En 1968 la série télévisée sort au Japon et suivra en France en 1974. Il est considéré comme le manga fondateur du genre shōjo ainsi que le premier à introduire les thèmes de l'androgynie et du travestissement.
1968年には、日本でテレビシリーズが放映され、続いてフランスでは、1974年に放映されました。少女漫画のジャンルの発起人と同様にアンドロジニーや変装の主題が最初に導入されたと考えられます。


Pour un premier du genre, l’histoire du Prince(sse) Saphir est à la fois complexe et captivante. 
ジャンルの始めとして、サファイア王子(王女)は、複合体であって魅了的です。

Synopsis
概要
À sa naissance, une jeune princesse se voit attribuer par erreur deux cœurs, celui d'un homme et celui d'une femme. Ses parents, le Roi et la Reine, sont obligés de la faire passer pour un garçon pour qu’elle puisse succéder au trône.
ある若いプリンセスは、誕生の時から、自分が間違って男の心と女の心の二つの心を持っているのではと想像します。彼女の両親は、王と王女で、彼女が王位を継承できる様に男の子として扱わなければなりません。

Mais l'ange inexpérimenté qui lui a donné deux cœurs doit lui reprendre son cœur masculin pour que tout rentre dans l'ordre… Princesse Saphir, élevée comme un garçon, rencontre alors un prince auquel elle ne peut révéler son identité ni ses sentiments.
しかし、彼女に二つの心を与えてしまった未熟な天使は、全てが順序通りに戻るように彼女から男性の心を取り返さなければいけません・・・サファイア王女は、男の子として育てられ、そして、彼女が素性も感情も明かすことができないある王子に出会います。


続きは、また近日中に!

こちらの記事がお気に召しましたら
クリックをお願いします♪
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ

0 件のコメント:

コメントを投稿