Google+ Followers

2013年11月11日月曜日

2ème Partie : Histoire de la Louisiane française (第二話 : 当時フランスのルイジアナだった話 )

皆さん、こんにちは!
前回のコリンダのルイジアナクレオールのお話しの続きになります。
アメリカとフランスの歴史が垣間見れますよ~。

Apres ca devient complique : la Louisiane devient Espagnol et un peu Anglaise et puis, en 1795, de nouveau francaise jusqu en 1803. 
後に複雑になります : ルイジアナはスペインと少しの部分がイギリスになり、それから1795年から1803年までもう一度フランスとなります。  
En 1803 Napoleon vend la Louisiane au Etats Unis pour 5,000,000$. 
1803年にナポレオンは、ルイジアナ州をアメリカに5,000,000ドルで売ります。 
Mais les habitants sont surtout des cajuns francophones ou des creoles francais-espagnols.  
しかし、住民は、とりわけケイジャン・フランチやフレンチまたはスパニッシュ・クレオールです。  
Bref, un peu trop de français pour le gourvernement américain qui decide rapidement de déclarer (声明する)  l’anglais langue officielle en Louisiane. Et puis qui interdit (interdire : 禁じる) le français dans les écoles et puis autorise (autoriser: 許可する) seulement l’anglais pour parler dans la région.
とにかく、アメリカ政府がルイジアナ州で公式言語は英語ですと声明するのをすぐに決めるには少しフランス人が多過ぎたのです。それから、フランス語を学校では禁じ、州内で話すには、英語のみが許可されました。


Rue françaises dans le quartier français de New-Orleans
ニューオリンズのフランス街でのフランス通り
  
Néanmoins la France restera toujours présente en Louisiane.
それにもかかわらず、フランスはこれからもルイジアナに残っていくでしょう。 
Aujourd’hui encore la Louisiane est l’état americain avec le plus de francophones !
現在、ルイジアナは未だフランス語を話す人が存在するアメリカ国家です! 
On y parle le français et aussi le louisianais (une langue créole à base française) La nouvelle-Orléans a son quartier francais et on peut voir dans les rues le souvenir de la France.
そこでは、フランス語が話され、そしてルイジアナ語(フランス語が基のクレオール語)もまた話されます。ニューオリンズには、フランス街があり、道ではフランスの思い出を見ることができます。

こちらの記事がお気に召しましたら 
クリックをお願いします♪
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村
 

0 件のコメント:

コメントを投稿