Google+ Followers

2013年11月26日火曜日

La Gloire de mon père (プロヴァンス物語 / マルセルの夏)

皆さん、こんにちは!
今回は、Colinda(コリンダ)のお薦め映画、La Gloire de mon père (プロヴァンス物語 / マルセルの夏)のご紹介です。 
 
« Je suis né dans la ville d'Aubagne,
sous le Garlaban couronné de chèvres,
au temps des derniers chevriers »
わたしは、最後の山羊飼い達がいたガルラバンの下、オーバーニュの街で生まれました。

C’est par ces mots que commence La Gloire de mon père d’Yves Robert.  Ce film est tourné en 1990, en même temps que sa suite : Le Château de ma mère.
イヴ・ロベールの父の栄光(邦題 : プロヴァンス物語 / マルセルの夏)の最初のセリフです。この映画は1990年に撮影され、同時に続編である、母の城(邦題 : プロヴァンス物語 / マルセルの城)が撮影されました。

C’est l’adaptation cinématographique du roman autobiographique La Gloire de mon père de Marcel Pagnol. L’histoire raconte l’enfance du jeune Marcel Pagnol et plus particulièrement ses aventures dans les collines de provencales. Ce film et sa suite reçoient un très bon accueil en France.
これは、マルセル・パニョルの自伝小説プロヴァンス物語が映画化されたものです。物語は、マルセル・パニョルの幼少期と特にプロヴァンスの丘での彼の冒険について語っています。この映画とその続編は、フランスでとても好評でした。

Résumé :
概要 :

Le film nous retrace les souvenirs d’enfance de Marcel Pagnol. Marcel est le fils d’un instituteur et d’une couturière. Il naît en 1895 à Aubagne, en Provence, dans le sud-est de la France. On découvre sa vie de tout les jours dans la France de l’époque : comment il apprend à lire à l’âge de 3 ans dans la classe de son père, sa grande complicité avec sa mère. Mais le film s’attache plus particulièrement aux souvenirs de vacances de Marcel. L’été, la famille Pagnol part à Aubagne, dans les montagnes provençales. Là, Marcel se fait des amis, vit les aventures d’un enfant qui parcoure les collines…
この映画は、マルセル・パニョルの幼少期の思い出を私達に物語ります。マルセルは、教員とお針子の息子です。フランスの南東、プロヴァンスはオーバーニュに1895年に生まれました。当時のフランスでの彼の毎日を発見します。例えば、どうやってマルセルがお父さんのクラスで3歳で読むことを学んだか、お母さんとの暗黙の了解など。しかし、映画は、特にマルセルのバカンスの思い出に執着しています。夏、パニョル一家は、プロヴァンスの山岳にあるオーバーニュへ出発します。そこで、マルセルは友達が出来、丘で走り回る子供の冒険を経験します。

Histoire du tournage :
撮影の話 :

Dés 1963, Yves Robert s’intéresse à l’adaptation du roman à succès de Marcel Pagnol. Mais le projet prendra du temps à voir le jour et Marcel Pagnol lui-même, qui avait songé à l’adaptation de son livre, ne verra jamais le film. Il meure en effet en 1974.
La gloire de mon père correspond au tome 1 de Souvenirs d’enfance, roman autobiographique de Marcel Pagnol. Marcel Pagnol est un écrivain, cinéaste et dramaturge français, célèbre pour ses films “marseillais”.
La gloire de mon père retrace donc l’histoire vraie d’un enfant dans la France de 1900.
1963年からイヴ・ロベールは、マルセル・パニョルの小説での成功を脚色する事に興味を持っていました。しかし、その計画はその日が来るまでに時間がかかりました。自身の本の脚色を考えていたマルセル・パニョル本人が、その映画を観ることはありませんでした。現実には、彼は1974年に亡くなります。
プロヴァンス物語 / マルセルの夏は、マルセル・パニョル自伝小説の幼少期の思い出の巻にあたります。マルセル・パニョルは、フランス人作家であり、映画人であり、脚本家であり、彼の映画”マルセイエ”で、とても有名です。プロヴァンス物語 / マルセルの夏は、1900年のフランスで存在した子供の本当の話を語ります。


Le film sera nominé aux césars dans les catégories meilleur espoir masculin, meilleur second rôle féminin, meilleurs costumes et également meilleure musique.
この映画は、セザール賞で有望若手男優賞、助演女優賞、最優秀美術賞、そして同時に最優秀音楽賞の部門でノミネートされました。

Avis :
感想 :

La Gloire de mon père est un film plein de douceur et de fraîcheur. Les personnages, les paysages et l’atmosphère permettent de s’évader dans la France de 1900 et dans les montagnes provençales. Le tout porté par la musique de Vladimir Cosma et la musique de l’accent du sud.
プロヴァンス物語 / マルセルの夏は、たくさんの心地よさと新鮮さに満ち溢れた映画です。登場人物、風景、雰囲気が、1900年のフランスのプロヴァンスの山々に逃れさせてくれます。全てがヴァルディミール・コスマと南のアクセントの音楽によって届けられます。

Le regard nostalgique de l’adulte se mélange au regard innocent de l’enfant exprimer l’amour de Marcel Pagnol pour sa région natale. “Cet amour qui devait durer toute sa vie”.
大人の懐かしい目線と、マルセル・パニョンの故郷への愛を表す無邪気な子供の目線とが入り混じります。

Extraits de film :
映画の抜粋 :



こちらの記事がお気に召しましたら 
クリックをお願いします♪
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ

2 件のコメント:

  1. こんにちは

    マルセル・パニョルが好きなので、映画は何回も見ましたし、フランス語の原作本も読みました。映画は映像も素晴らしいですが、音楽も心に残りますね。

    返信削除
  2. Midori Izumi28.11.13

    以前フランスに行った際に知人に勧められて、このDVDを買いました。
    La Gloire de mon père とLe chateau de ma mère の2枚組なのです。
    ストーリーも面白いですが、プロヴァンス地方の風景も楽しめます♪

    返信削除