Google+ Followers

2014年2月19日水曜日

Macarons(マカロン)!!




  こちら ヘッドフォン から本文の録音のダウンロードができます。

Aujourd’hui, à l’occasion de la Saint Valentin une étudiante nous a apporté de délicieux Macarons !!!
バレンタインデーの折に、生徒さんが美味しいマカロンを持ってきてくれました!!!


Tout le monde connaît le macaron !!! Tout le monde aime le macaron !!!

皆さんマカロンを知っています!そしてみんなマカロンが好きです!


Mais savez-vous que le macaron, petit biscuit dérivé de la meringue, est d’origine Italienne : le “Maccherone” serait apparu au moyen-âge et c’est à la renaissance que Catherine de Médicis aurait importé cette petite douceur à la cour de France.
メレンゲ菓子に由来する小さなクッキーのマカロンが、イタリア発祥だと知っていますか。カトリーヌメディチがフランス宮廷へ小さな甘いお菓子を持ってきたルネサンスの中世時代に、Maccheroneが登場しました。

A partir de cette époque le macaron ne cessera d’être servi aux rois et reines de France et la maison Dalloyau se spécialisera même dans la production des fameux gâteaux.
この時代からマカロンはフランスの王様や王妃へ仕え続け、同様に有名なお菓子として、Dalloyau(ダロワイヨ)のスペシャリテとなりました。

A compter de cette même période, la recette s’est propagée et désormais de nombreuses villes en ont une variante :  Macarons de Sault, macarons de Saint-Jean de Luz, Macarons des Dames du Saint Sacrement et les Amaretti italiens …
この時代からレシピが広まり、それ以後たくさんの街でマカロンのバリエーションができました。
Saultのマカロン、Saint-Jean de Luzのマカロン、Dames du Saint Sacrementのマカロン、それからイタリアのアマレッティ・・・。

Néanmoins, à ses débuts, le macaron est un petit biscuit aux amandes simple.
とは言っても、マカロンが出始めた当初は、単にアーモンドを使った小さなクッキーでした。

Ce n’est qu’en 1830 qu’ils seront assemblés deux à deux avec une crème ou de la confiture au milieu.

1830年には、2つの生地の真ん中にクリームやコンフィチュールを挟んだマカロンはありません。

Cette nouvelle variante est popularisée par le café de Pons dans le quartier Latin à Paris. Elle gagnera petit à petit ses lettres de noblesse, pour devenir cette pâtisserie très raffinée que nous connaissons aujourd’hui !
この新しいバリエーションはパリのカルチェラタンにあるPonsというカフェによって有名になりました。
今日私たちが知っているとても洗練されたお菓子になるために、少しずつ名高い高貴なお菓子になっていきました。

De nos jours, ce sont deux maisons françaises qui se partagent le trône au royaume du Macaron :
今日では、マカロン王国で王座を分かち合っている2つのフランス洋菓子店があります。

- Ladurée: qui fabrique ses Macarons depuis 1862 (dates d’ouverture de la première pâtisserie, au coeur de Paris)
ひとつは、1862年創業のマカロン製造のラデュレです。(パリ中心地に初めて開店した洋菓子店)
- Pierre Hermé :qui a commencé chez Fauchon avant de faire ses preuves chez Ladurée et d’ouvrir sa première boutique à …. TOKYO !!! (en 1998)
En effet, bien que français c’est au Japon que Pierre Hermé fera ses débuts et il n’ouvrira de magasin en France que 3 ans plus tard.
もうひとつは、ピエールエルメです。彼はラデュレで腕を磨く前に、フォションで働き始めました。
そして、1998年に東京!!!で、彼の最初のお店がオープンしました。
実際、ピエールエルメはフランス人にもかかわらず、日本で最初にお店をスタートし、その3年後にフランスでお店を開きました。

Alors … peut-être le macaron est t’il le symbole d’une histoire d’amour entre la France et le Japon ?
おそらく、マカロンはフランスと日本間における愛好の歴史のシンボルではないでしょうか?


texte(文章) : Colinda
narration(ナレーター) : Laurent



0 件のコメント:

コメントを投稿