Google+ Followers

2013年5月27日月曜日

Bienvenue à Cannes ! (Scene 3) (カンヌへようこそ!シーン3)


Bonjour, c’est encore Rolf et Bertrand.
こんにちは、再びロルフとベルトランです。
Aujourd’hui, suite et fin de notre article sur Cannes avec les réalisateurs japonais ayant reçu la Palme.
今回は、パルム・ドールを得た日本人監督とカンヌ映画祭についての僕達の記事の続きと最終回になります。

Les réalisateurs japonais primés à Cannes
カンヌ映画祭で賞を受けた日本人監督

Le réalisateur japonais le plus primé s’appelle Shohei Imamura. Il a été récompensé pour ses films « La ballade de Narayama » 楢山節考, Narayama bushiko en 1983 et « L’anguille » うなぎUnagi  en 1997. 
日本人監督でもっとも賞を獲っているのは、今村昌平です。彼は、1983年の«楢山節考»と1997年の«うなぎ»でパルム・ドールを授与されています。

















Un autre realisateur a été primé avant lui en 1954, il s’appelle Teinosuke Kinugasa pour son film « La Porte de l’Enfer » 地獄門, Jigokumon.
1954年にもう一人の監督、衣笠貞之助が彼の前に«地獄門»で賞を獲っています。


Cette année, un autre japonais était en lice pour obtenir la Palme, c’est Hirokazu Kore-Eda pour son film « Tel Père, Tel Fils » そして父になる, Soshite chichi ni naru.
今年は、もう一人の日本人がパルム・ドールにノミネートされていました。映画、«そして父になる»の是枝裕和です。














Il a finalement obtenu le "Prix du Jury". Félicitations à lui ! 
彼は、最終的に"審査員賞"を獲得しました。おめでとう、是枝監督!

Merci de nous avoir suivi. Nous espérons que ça vous aura intéressé. 
A bientôt ! 
この記事を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。楽しんで頂けたらいいのですが。それでは、また!

こちらの記事がお気に召しましたら
クリックをお願いします♪
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ


0 件のコメント:

コメントを投稿