Google+ Followers

2012年1月12日木曜日

Chat va? 元気だニャン?(Partie 1: パート1)

Bonjour tout le monde, c’est Bertrand!
皆さんこんにちは、ベルトランです!
Aujourd’hui, je vais vous parler de quelques expressions françaises avec les chats. Quelques-unes de mes étudiantes adorent les chats ce qui m’a donné l’idée d’écrire une petite série d'article sur le sujet.
今日は、皆さんに猫を使ったフランス語の表現について話したいと思います。
僕の生徒さんの何人かが、猫が大好きなので、それをテーマにしたシリーズのブログ記事を書くアイディアが湧きました。
«Donner sa langue au chat»
«猫に舌をあげる»
Cette expression est sans doute l'une des plus célèbres de notre langue française. «Donner sa langue au chat» signifie «Renoncer à deviner quelque chose».
この表現は、おそらく僕達の言語、フランス語でもっとも有名な表現のうちの一つでしょう。«猫に舌をあげる»は、«何かを推察するのを断念する : (解答が見つからずに)降参する»


Du chien au chat
犬から猫へ
L’origine n’est pas très claire, mais il semblerait que Madame de Sévigné fut la première à utiliser cette expression en disant :
起源ははっきりしていませんが、セヴィニィエ婦人がこの表現を始めて使ったのが最初と言われているようです。 :
« Ne sauriez-vous deviner ? » «解らない?»
« Jetez-vous votre langue aux chiens ? » « 犬に舌をあげる? : 降参する?»


Si quelqu'un vous interroge mais que vous ne savez pas répondre, votre langue ne vous sert à rien. Donc, on abandonne (de manière symbolique) sa langue qui ne nous sert plus, pour la donner « à manger » aux chiens. Jeter quelque chose aux chiens est un acte un peu honteux et dévalorisant, et c’est surement parce que donner sa langue « langue au chat » est plus joli et moins brutal, qu’on est passé du chien au chat.
もし、誰かがあなたに質問をしても、あなたは、答えがわからないということは、あなたの舌は、何の役にも立たないということです。 なので、役に立たない舌は、捨てる、«食べさせる»ために犬にあげるのです。何かを犬にあげる(捨てる)というのは、少し恥ずかしい行為の一つで、価値を下げます。そして、«舌を猫に»あげるというのは、きっと、もっと可愛い感じで、それほど乱暴な感じではないから犬から猫になったのでしょう。
En plus, le chat a quelque chose de plus que le chien : son mutisme qui lui confère une réputation de gardien des secrets. Donc, si l'on donne sa langue au chat, on pense qu'il va s'en servir pour se mettre à parler et livrer la réponse à la question posée.
その上、猫は、犬よりももっと何かがあります : 無言さは、秘密の番人という感じを与えます(まるで、猫には舌がないかのように・・・)。なので、もし、猫に舌をあげたなら、猫はその舌で話すようになり、出された質問の答えを届けてくれると考えるのです。

Voila, à bientôt pour la suite!
それでは、また次回!

«Quelle est la capitale de la France?»
« フランスの首都はどこでしょう?»
«Hum... attends... hum... non, je ne sais pas.»
«う~んと・・・待ってね・・・ええっと・・・いや、わからないや。» 
«Tu donnes ta langue au chat?»
«降参する?»
«Oui, je donne ma langue au chat...»
«うん、降参する・・・» 
«C’est Paris!»
«パリだよ!»  


こちらの記事がお気に召しましたら
クリックをお願いします♪

0 件のコメント:

コメントを投稿