Google+ Followers

2012年1月23日月曜日

Saint-Nectaire (サン・ネクテール)

皆さん、こんにちは!

今回は、久しぶりにチーズについて書こうと思います。
チーズが大好きなので、以前もブログでSaint-André(サンタンドレ)とAppenzeller(アッペンツゥエル)について書きましたが (前の記事はこちらからご覧ください!)、今回は、Saint-Nectaire (サン・ネクテール)のご紹介です。
  
Saint-Nectaire (サン・ネクテール)は、Auvergne(オヴェルニュ)地方の代表的なチーズで、 チーズのタイプで分けられると、一応ウォッシュタイプになるかと思いますが、常温にさらしておくと、中が柔らかくなり、Camenbert(カマンベール)に近い食感になります。そして、Camenbert(カマンベール)よりも、もちもち感が強いです。
味は、ナッツの様な風味が広がると同時に、まるで牧場にいるかのような錯覚を起こさせる、雨上がりの牧草、または干し草のこもった香りを放ちます。また、ミルクの味もしっかり感じられます。

 
熟して、味が深くなったSaint-Nectaire (サン・ネクテール)は、もちろん表面はカビだらけで、様々な色のカビが生えるほど、おいしくなると言われています・・・が、これを口にするのは(この場合、表面の皮は、切り取って捨てて下さいね!)、なかなか勇気がいると思いますので、まずは、あまりカビの気にならないSaint-Nectaire (サン・ネクテール)から、お試し下さい♪


17世紀にルイ14世の食卓に上がったチーズという一説もあります。
そして、それを献上したのが、フランスの陸軍元師:Henri II de La Ferté-Senneterre(アンリ・ドゥウ・ドゥ・ラ・フェリテ・サンネテール)なので、チーズの名前はそこから来ているという説と村の名前から来ているという説の二つがあります。

とても美味しいチーズなので、Saint-Nectaire (サン・ネクテール)、皆さんもお試し下さいね♪

こちらの記事がお気に召しましたら
クリックをお願いします♪

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿