Google+ Followers

2011年10月18日火曜日

Melancholia de Lars Von Trier (ラース・フォン・トリアのメランコリア)

Bonjour c'est Benoît,
こんにちは、ブノワです。
Je voudrais vous parler d'un film que j'ai vu lorsque j'étais en France. Il s'agit du film Melancholia de Lars Von Trier.
僕が、フランスにいた時に見た映画についてお話したいと思います。ラース・フォン・トリアの"メランコリア"という映画です。


Ce film est impressionnant, autant par les thèmes qu'il aborde que par sa mise en scène. Le film raconte la fin du monde : une planète, Melancholia, menace de heurter la terre et de la détruire. L'histoire, cependant, se concentre sur une poignée de personnages - en particulier deux soeurs jouées par Kristen Dunst et Charlotte Gainsbourg.
この映画は、印象深く、彼の演出によって色々なテーマに取り組んだものになっています。内容は、世界の終りについてです : メランコリアという名の惑星が静かに近づき、地球の損傷、破壊を脅します。 しかしながら、この話は、あるいくつかの登場人物に、特にキルステン・ダンストとシャルロット・ゲンズブールが演じる二人姉妹に焦点をあてています。

Le film laisse un souvenir très fort ; difficile d'oublier la séquence d'introduction qui est magnifique et paraît quasiment du cinéma expérimental.
この映画は、強烈な記憶を残します。; この素晴らしい序説のシークェンスは忘れ難く、ほとんどシネマ・エクスペリマンタル(: 現代映画!?)のようです。
Difficile aussi d'oublier la fin du film et sa dernière séquence, jusqu'à la dernière image.
映画の最後シークェンスと終わりの映像もまた忘れ難いです。

Lars Von Trier décrit la fin du monde non pas comme une catastrophe gigantesque mais comme une violente révélation intérieure pour des hommes et des femmes. Ceux-ci découvrent leurs limites, leur capacité à supporter et à comprendre le réel. Il s'agit d'un bouleversement terrible cependant, au-dehors, tout reste calme, tranquille et le monde est rendu plus beau encore par la présence de la planète Melancholia -  seconde lune dans le ciel de nuit.
ラース・フォン・トリアは、世界の終りをとんでもない大惨事のようには描いておらず、男と女の心の内を暴露する乱暴な人のように描いています。というのは、彼ら(男と女)が耐えられる許容範囲の限界があることを現実に知り、発見してしまったことのように。恐ろしい大混乱を取り上げながら、外では、全てが静かで穏やかなままで、惑星メランコリアの存在によって、世界はさらに美しくなりました。夜空に二番目の月ができたかのように・・・。

Lars Von Trier, lors du festival de Cannes où était présenté son film, a tenu des propos incompréhensibles sur Hitler et le nazisme, des propos sans rapport aucun avec le film mais qui ont fait beaucoup parler les journaux français. Il a été déclaré "persona non grata" lors du festival. Cet épisode ne doit cependant pas cacher l'immense qualité de son dernier film.
ラース・フォン・トリアは、彼の映画が紹介されたカンヌ映画祭で、映画とは全く関係のないナチズムのヒトラーを用いた理解不能な発言をしてしまい、フランスの新聞紙でたくさん取り上げられました。彼は、"好まれない人物" として映画祭の時に表明されてしまいました。しかし、この挿話的な出来事は、彼の最新映画の無限な良質さを隠したりはしないはずです。

J'espère maintenant qu'une société de production le proposera également au public japonais tant c'est une expérience forte de cinéma.
また、どこかの映画製作会社が同様に日本の鑑賞者の為にも、この一つの印象的な映画を日本で上映させてくれたらいいなと思います。

En voici la bande-annonce :
こちらが、予告篇です。:


こちらの記事がお気に召しましたら、クリックをお願い致します!

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿