Google+ Followers

2011年6月1日水曜日

Jeu, Set et Match!

Décidément, ce mois de Mai l'actualité est très chargée en France. Après le festival de Cannes et la Palme d’Or 2011 «The Tree of Life», c’est le plus grand événement sportif de l'année qui se déroule en ce moment à Paris, Porte d’Auteuil, le tournoi de tennis de Roland Garros.
確かにこの5月は、フランスではたくさんのイベントがありました。カンヌ映画祭とパルム・ドール2011«The Tree of Life»、ローラン・ギャロスのテニストーナメント、これは、今現在パリ、ポルト・ドトゥイユで行われるスポーツイベントで一番大きなものです。

Bienvenue à Roland Garros!
ローラン・ギャロスへようこそ!
Suivez le tournoi en direct et venez découvrir Roland-Garros sur
トーナメントの実況中継やローラン・ギャロスを見つけたければ、こちらのサイトへどうぞ: http://www.rolandgarros.com/fr_FR/index.htm


Mais pourquoi Roland Garros? Etait-il un grand joueur de tennis?
しかし、なぜローラン・ギャロス? 彼は、有名なテニス選手だったのでしょうか?

Roland Adrien Georges Garros, (1888-1918) est un aviateur français qui a combattu lors de la Première Guerre mondiale, et mort dans un combat aérien. Son ami Émile Lesieur (athlète et joueurs de Rugby) qui aida financièrement à la construction du Stade de Tennis, a exigé en 1927 que l’on donne, en hommage à son ami, le nom de Garros au Stade de Tennis. Ainsi fut baptisé le Stade après sa construction en 1928.
ローラン・アドリアン・ジョルジュ・ギャロス (1888-1918)は、第一次世界大戦中に空中での戦いで亡くなったフランス人パイロットです。彼の友達のエミール・ルズィールは(陸上競技選手であり、ラグビー選手でもありました)、テニス競技場の建設に金銭面で貢献し、1927年に彼の友人であるギャロスに称賛を表する為、彼の名をテニス競技場につけるよう要求しました。このようにして、命名されたのは、建設後の1928年です。
Jacques Brugnon (gauche) et Henri Cochet (droite)
ジャック・ブルニョン(左)とアンリ・コシェ(右)
Un tournoi pas comme les autres...
トーナメントは、他とは違います・・・

Roland Garros est un tournoi de prestige, un des 4 Grands Chelems de tennis avec l’Open d’Australie, l’US Open et bien sur Wimbledon. Ces quatre tournois sont les plus prestigieux et les plus difficiles à gagner. En effet, ils se déroulent chacun sur deux semaines consécutives (auxquelles il faut ajouter des phases de qualifications), et pour les hommes, les matchs se jouent en trois sets gagnants (2 pour les autres tournois).
ローラン・ギャロスは、威信を高めるためのトーナメントで、全豪オープン、全米オープンそして、もちろんウィンブルドンと同様、テニスの4大グランドスラムのうちの一つです。 この4つのトーナメントは、もっとも名声があり、勝ち進むのにもっとも難しいです。実際これらのトーナメントは、それぞれ2週連続で展開され(出場資格の段階も付け加えてのものとして)、男子にとっての試合は、3セットを獲らなければなりません(他のトーナメントは2セットです)。

Roland-Garros est le deuxième tournoi du Grand Chelem de l'année. Il se déroule toujours la dernière semaine de mai et la première semaine de juin. C'est l'événement tennistique bénéficiant de la plus large audience et de la plus grande couverture médiatique à travers le monde. Beaucoup de spécialistes le considère comme «LE» tournoi le plus difficile de l'année, car sa surface, la terre battue, ralentit la balle et fait durer les échanges ce qui fatigue vite les joueurs. Mais de plus longs échanges, c’est aussi plus de spectacle et plus de plaisir pour les amateurs de tennis. En résumé, il faut être endurant et bien préparé pour espérer remporter ce tournoi.
ローラン・ギャロスは一年のグランドスラムの中で二番目のトーナメントです。いつも5月の最終週と6月一週目に行われます。これは、世界中を通しての報道メディアにおいても、支持者においても、テニス界においてもっとも利するイベントです。
たくさんのスペシャリストが、これを一年で一番難しいザ・トーナメントと考えています。なぜなら、試合場となる地面の表面のせいで、テニスボールがゆっくりと飛ぶようになり、打ち合いが長く続き、選手達がすぐに疲れるようになっています。
しかし、打ち合いが長く続けば続くほど、それはまた、素晴らしい演出になり、更にテニス愛好家達を喜ばせます。要するに、このトーナメントを勝ち取りたいと願うのであれば、耐久力をつけ、準備万端にしなければいけません。
Court Central, dit "Court Philippe Chatrier"
”フィリップ・シャトリエ”と呼ばれるセントラルコート
Aujourd’hui le tournoi entre dans les phases finales, la deuxième semaine étant réservée aux huitièmes, quarts, demies et finales. Les tenants du titre de 2010 sont encore présents, Rafael Nadal (Espagne) chez les messieurs, et Francesca Schiavone (Italie) chez les dames.
現在、トーナメントは、最終ゲームが始まっていて、二週目は、8回戦、準々決勝、準決勝、決勝となっています。2010年のタイトル保持者の男子のラファエル・ナダル(スペイン)と女子のフランチェスカ・スキアヴォーネは、未だ健在です。

Qui sortira vainqueurs du tournoi 2011? Réponse les 4 et 5 Juin en finale!
2011年のトーナメントは誰が勝利者となるんでしょうか?答えは、6月4日と5日の決勝で!

Affiche officielle Tournoi 2011, par Barthélémy Toguo
バルテレミー・トギュオによる、2011年トーナメントのオフィシャルポスター

0 件のコメント:

コメントを投稿