Google+ Followers

2010年10月23日土曜日

château de la Loire

こんにちは。
えりこです。

私は留学時代にロワール地方というところに住んでいたのですが、
「ロワール地方ってどういうところですか?」という質問をよくされます。
ですので、いつも「古城がたくさんあってワインの産地としても有名ですよ。」
という説明をします。


というわけで今日はロワール地方のお城を一つとワインを一種類ご紹介いたします。

まずロワール地方はパリからTGVで1~1、5時間です。
案外近いと思いませんか?

パリからの古城巡りのバスツアーもありますので
効率的に古城を周ることもできます。

さてさて私が住んでいた町のアンジェ城は以前ご紹介いたしましたので
今回はシャンポール城をご紹介いたします。

このお城は16世紀初頭に建てられたもので、フランソワ一世の
生涯を通じて工事が継続されました。

このお城の何が素晴らしいかといえば、ロワールの城の中で最も壮大なスケールを誇ると言われる大きさと美しさです。
部屋数は440室、そして庭園の広さは約55平方キロメートルなので
なんと山手線の内側に相当します。

なんとなく大きさをイメージしていただけたでしょうか?

この巨大な城の設計者は王の庇護を受けていた
レオナルド・ダ・ヴィンチと言われていますが
定かではないそうです。

そしてこれもレオナルド・ダ・ヴィンチ原案と言われている
螺旋階段があります。
二重にからみあった螺旋階段で上に行く人と下に降りる人が
出会わないように出来ている階段です。
(本当に会わないか、友だちと実験してみました!!)

城の外観も左右対称で美しく絶対一度は見ていただきたいお城です。


さてもう一つ、ワインについてですが、私のお薦めは
coteaux du Layonです。

ロワール地方で作られる甘口白ワインで食前酒として
飲むと最高です。
金色の見た目の優雅さと蜂蜜のような甘さが上品でくせになります。


もし、ロワール地方に行かれた際は是非飲んでみてくださいね!!

0 件のコメント:

コメントを投稿